• クロイニャン


※この記事はFANBOXの記事のミラーです


こんにちは!お久しぶりです、クロイニャンです。

私はVRChatterやVtuber向けに3Dモデルを制作して生計を立てています。

なのに、最近あまりモデリングしないにも関わらず忙しくしていました。

一体何をしていたかと言うと、

会社を建てていました。

この度めでたく設立が完了しましたので、そのご報告に記事を書いています。



漫画:リーチャ隊長(@rietzscha

なぜ法人化したのか?

1.私の手が回らないくらいお仕事のご相談があるから

2.今後やりたい事があるから

です。

その事や、今後やりたい事を友人のうぃりあむさんに相談したら

「法人化できるよ」と言ってもらえたので、色々話してるうちに

「わかった!法人化しよう!!!」となりました。

1.会社で何をするのか

簡単に言うと、今までと変わりません。

ただし、私の仕事を他の人に手伝ってもらえるようになりました!

3Dのキャラクターモデリングの制作には、モデリングだけじゃない雑務がたくさんあります。

契約書の確認とか、締結とか、お客さんからのヒアリングとか…色々あります。

私は事務仕事がとても苦手なので、誰かにやってもらえると負担が大幅に減ります。

あと、会社設立に合わせてWebサイトを大幅に改装したんですけど、

これも私にはない、情報の整理とか、コンサル的な能力がめちゃくちゃ必要でした。

うぃりあむさんの能力がないと、こんな良いWebサイトにはなりませんでした!

というわけで、

今後もモデリングをやっていく上で、うぃりあむさんのサポートを受ける事で

私の負担を減らしつつ、制作数を増やせるようになると思います。

2.今後やりたいこと

フリーランスの3Dモデラーさんの支援がしたいです。

実力があるのに実績がない方や少ない方に、実績を作りつつ契約まわりのサポートをして、

「フリーランスとして活動を続けていく方法」を覚えてもらう取り組みをしたいです。

これは、年内には始めたいと思っています。

熱意の話


ここでちょっと熱意の話をします。

私はすごく今のVR界が好きで、この雰囲気がずっと続いて欲しいと思っているし、

より良くなってほしいと思っています。

クリエイターたちが自由に制作し、売り買いし、交流している。

そして仕事が発生しています。

これがもっとスムーズに、シームレスになればいいと思っているし、

できればクリエイター活動の場をVR外部にも広げていきたいと思っていま

す。

「せっかく楽園に来れたのに失いたくね~~~!!俺はこの楽園を守るぜ!!!」

と強く思っております。

ので、やっていきます。

そのための会社です。

会社の形態について

クロイニャン(社長)とうぃりあむさん(社員)2人による合同会社です。

うぃりあむさんとは、VRC内の友達で、リアルでお会いしたことはありません。

会議は全部、VRCとDiscordでやってます。

こんな面白い人間と知り合えるVRC最高だな!!

社員は、今後体制が安定したら増やすことを予定しています。

というか、会社に入れたい人たちがいるので、身に覚えのある方は首を洗って待っていてください。

うぃりあむさんについて

うぃりあむさんは電脳飲食店組合で知り合った面白い人です。

私の苦手分野がすごく得意なので、色々なサポートをしてもらっています。

何をやってもらっているかというと、情報整理、コンサル、契約関係、Dynamicboneや新技術の研究等です。

めちゃくちゃ多岐に渡るので、肩書が決まっていません…いい肩書募集中です!!

本人曰く「クロイさんのファン」だそうです。(私は友人だと思ってますよ!!)

では、うぃりあむさん自己紹介をお願いします。

うぃりあむさんの自己紹介


どうも、うぃりあむです。

普段はVRChat内でスカートを揺らす研究をしています。

光栄なことに社員にしてもらいましたが、私はどこまで行ってもただのクロイさんのファンです。ファンとして私がやることは、クロイさんがやりたいことを伸び伸びとできるようにする、クロイさんが健康でいられるようにする、です。会社になったことで何かが変わるというより、会社にしたことでクロイさんが変わらないようになる、と認識してもらえれば幸いです。

これからいろんなとこに顔を出すことになりますが、よろしくお願いします。

おわりに

という事で、

「VR界と自分がいるコミュニティを永続させ、より良くするために、クロイがやりたいこと全部やるための会社」

ができました!!

うぃりあむさん共々、今後ともよろしくお願いいたします!!

  • クロイニャン

※この記事はFANBOXの記事のミラーです


〜または「売れないソシャゲイラストレーターだった私が3Dモデラーになるまで〜


こんにちは、黒井です。

2018年まで数年、売れないソシャゲイラストレーターをやっていました。

今でもイラストレーターの看板を下ろしたわけではないのですが、

3Dのキャラクターモデリングや、テクスチャ、unityのマテリアル系のセットアップをメインにお仕事しています。

私がVRChatに来て、1年半ほど経ちます。

私がこの1年半、どのような道を歩いてきたのか記しておきたいと思いました。

2017年、少しBlenderの勉強をしていましたが、

とある人とトラブルになり、それがきっかけでBlenderの勉強を辞めました。

当時「Blender全体の操作方法がなんとなくわかった」「人の形が作れてテクスチャも一応あって、Humanoidボーンもなんとか入れられるようになった」

くらいのレベルでした。

当時色々あり、TwitterもSkypeも辞めてしまったので、

数少ないイラストの仕事をしながら、深夜までニコニコ動画や映画を見たり、FGOをやったりと、

ぼんやりした日々を送っていましたが、

ある日突然「のじゃおじショック」がやってきます。


2014〜2015年の時期にお仕事でLive2Dをやっていたので、

ねこますさんの事は存じておりました。

クロイニャンのイラストによく「いいね」をつけてくださっていて…

知り合いがYoutubeでバズっていたので大笑いしてしまいました。

ねこますさんの動画を見ているうちに、VRChatと言うものがある事を知ります。

「へ〜自作の3Dモデルをアップロードできるゲームがあるんだ」と思い、

とりあえずVRChatをインストールして、なんとかログインしてみます。

この時点で、アバターのアップロード方法がわからずunityちゃんの姿でのログインです。

さあ、アバターをアップロードしたいのですが、

人に聞こうにも、そもそも日本人に出会えません。

当時「日本人がよくいるワールドの一覧」などもなく、

Publicをうろうろしては「日本語聞こえてこないかな…」とやっていました。

数日〜1週間くらいそうやって過ごしました。

ある日、白い花が咲く某有名ワールド(社会性フィルター)(多分ここだったと思う)

に行くと、日本語が聞こえてくるではありませんか!!

震える声で「あの…日本人の方ですか…!?」と搾り出しました。

この時出会ったのが現在の「Mirror's Night Bar」のマスター、kagamiiiiinさんです。

(当時はまだMirror's Night BarやRuinsがなかったのです)


【フレンド紹介】kagamiiiiinさん https://twitter.com/kagamiiiiin89

初心者であること、自作3Dモデルがあるがアップロード出来ないこと、メインはMacである事などを相談すると、

「Winのunityからじゃないとアップできないんだよ〜」と的確なアドバイスがあり、

次の日には自作アバターをアップすることができました。

※私の当時の姿(当時のSSは残っていなかったので再現SSです)

さて、日本人であるkagamiiiiinさんと出会えたことで、一気にコミュニティーが開けていきます。

kagamiiiiinさんが居る時に彼にjoinすれば、他の日本人ユーザーに会えるようになったのです。

私は日々仕事のイラストを描いては、空き時間でモデリングをし、VRChatに遊びに行くようになります。

自分のアバターを直したり、新しい衣装を制作したり、unityのわからないことを勉強したり…

VRChatで遊ぶことがモデリングの直接的なモチベーションになりました。

(ここから多分結構時間が飛びます。あと話が前後すると思います、記憶を頼りに書いているので…)

ある日パブリックの「桜広場」に遊びに行きます。(今はもうないワールドです)

日本語が聞こえてきたので、そこに吸い寄せられて行くと、

青を貴重とした美少女の頭の上にUFOを付けたアバターの人がいました。

しばらく色々な話題で談笑したのですが、私がイラストレーターであるという事を言うと

「俺は音楽やってるんだ〜」と帰ってきました。

この人が「八月二雪」のジョンさんです。

【フレンド紹介】ジョンさん https://twitter.com/john_neoneet

八月二雪 https://www.youtube.com/channel/UCHV-tYWznbEMFWoT0_oKmLQ


ユニットで音楽をやっているということ、

VRで音楽やライブをやりたいと思っていること、色々な話を聞きました。

「すげ〜VRではいろんな事ができるんだな〜音楽っていいな〜!!」と思いました。

(音楽の才能ゼロなので本当にすごく感動しました)

ある日、パブリックのダンスワールド(社会性フィルター)に行くと、

日本人の方が数人遊んでいました。

フレンドリーに挨拶してくださって、すぐに輪に入れてくれました。

自作アバターだという事を話すと

「すごい人来た!」と盛り上げてくれました。

この時出会ったのが なみたさん・Luimodoさん・ぽんこつさん です。


【フレンド紹介】なみたさん https://twitter.com/namita0819


【フレンド紹介】Luimodoさん https://twitter.com/luimodo


【フレンド紹介】ぽんこつさん https://twitter.com/subbrain


当日その流れでかどうだったか記憶が定かではないのですが…

なみたさんが面白いものを作っていると言うことで、それを見せて頂くことになりました。

パーティクルライブです。


(なみたさんが制作した八月二雪のパーティクルライブのMVです)

私は大層感動して「パーティクルライブサイコー!!!」となったのですが、

まだまだunityの修練が足りず、積極的に自分でつくろうとは思いませんでした…。

3Dモデリング楽しいし、時間あるならモデリングしたいなぁとも思いました。

時系列的にはこのあたりだったと思うのですが、

ジョンさんから「キキさんの専用モデルが欲しい」というご依頼が来ます。

人生で初めて3Dモデリングを依頼された瞬間でした。

それはもう張り切って作りました。

制作が早すぎて「納品早すぎない!?」と反応されたのを覚えています。


【オーダーメイド】キキさん https://twitter.com/q_kiki_82


ジョンさんのご依頼を受けたことで、交友関係のある人から「受注やってるの?」

という問い合わせがあり、「作らせてくれるんなら作りたい!!」

と、オーダーメイドの受注を開始しました。


【オーダーメイド】Vtuber 隣ノ隣さん https://www.youtube.com/channel/UCu8J4vmuWcYUZ_-fz-RMtUA


【オーダーメイド】Vtuber 黒瀬サバトくん https://www.youtube.com/channel/UCxU9F9sZJdzectps34GuSyA


【オーダーメイド】VRChatユーザー 水沫さん(最近DJ活動にハマっている)

https://twitter.com/minawa123


【オーダーメイド】VRChatユーザー Balionさん(パーティクルライブ海外勢)

https://twitter.com/VRC_Balion


【オーダーメイド】VRChatユーザー 宮野原宮乃さん(お母様と呼んでくれる、かわいい)https://www.youtube.com/channel/UCZfaqtZ7WTpmiPfRO-qIOIA

販売アバター 巡璃めぐる 

※めぐるユーザー代表のあらたか先生(パーティクルライブ勢) https://twitter.com/aratakajirou

また、Vマケ1・2にも出店しました。

オーダーメイド楽しいし、今後本格的にやっていけたらいいな〜と思い、

Webサイトを制作することにしました。

https://www.k-youhinten.com/

ここまでは身内のモデルを作っていたので、お互いにある程度信頼があったので大丈夫でしたが(一応契約はしてもらってました)

外部からの受注を受けるに当たり、ちゃんとした契約書を用意する必要がありました。

ネットの司法書士さんのサービスを利用して、法的効力のある契約書を作っていただきました。

「契約は大事!」「時間と技術だけ使ってお金もらえないって事もあるから」

体験談を交えながら契約の大切さ・怖さを教えてくれたのは、くまったさん(つよつよエンジニア)でした。


【フレンド紹介】くまったさん https://twitter.com/himakuma_1009


VRChatユーザーのNMちゃん(https://twitter.com/nmch1222)主催の「ワンオフモデル交流会」に出演しました。

https://youtu.be/SPBLLDcfdm0

反響があったようで、Webサイト経由で「自分のVRChat用モデルを制作してほしい」

というご依頼がありました。


【オーダーメイド】VRChatユーザー える様 


【オーダーメイド】VRChatユーザー 結城ことは様

Twitterでよくお話していたイケメンお兄ちゃん(お姉さん)のカツサダさんと色々議論が熱くなり、

「黒井さんもイケメン作ろうぜ!!!!」ということになり、

私も「やるか!!!」となったので、趣味のイケメンモデリングを再開しました。


【フレンド紹介】お兄ちゃん(カツサダさん) https://www.youtube.com/channel/UCKJWNNLMhWQb-ugHNDZ6rVg


そして、長年続けてきた創作のキャラクターを本気で作りました。(7年選手)


【自主制作】メビウス https://www.k-youhinten.com/gatoo-nero

さて、このあたりから企業様からのお問い合わせが数件あり、

制作させていただいたのが「双葉汐音」ちゃんです。


【オーダーメイド】Vtuber 双葉汐音ちゃん https://www.youtube.com/channel/UCuqcPmdBvwHEWGx00XYCFWg

色々あり、またイケメンについてのテンションが上ったので、もう一体趣味のモデリングをやりました(ネタ自体はあった)


【自主制作】肉屋 https://www.k-youhinten.com/gatoo-nero


やっと現在に追いつきました!

この記事を書くきっかけは、リーチャ隊長に

「めずらしいですね…俺の回りにはそういう風にVRC遊んでる人あんまいないかも」

と言われた事です。


【フレンド紹介】リーチャ隊長 https://twitter.com/rietzscha

私の1年半、主にモデリングを主軸に置いてお話しました。

私のVRChat人生において、重要だった人達(取りこぼしがないことを祈る)と、

制作させていただいたモデル達です。

他にも、ワールド制作(unity)やパーティクルライブのはしご、

色んな人と出会ったり別れたりがあったのですが、全てを書くのは非常に難しいです…。

私は嫌なことが起きるとすぐ自閉する癖があり、ここ数年もそうやって殻にこもって

壁に向かって独り言と創作をぶつける日々を送っていました。

VRChatをはじめて、友達がたくさんできました。

毎日のように遊んでくれる友人たちには頭が上がりません。

あなた達が居るから私は3Dモデリングを嫌いにならずに済んだし、毎日楽しいです。

とある人に「人に恵まれすぎ」と言われたりもしまして、

今度はこの幸せを失うかもしれない恐怖と戦っていくわけですが…。(根暗)

私は未だに楽しくVRChatで日々を過ごしていますが、

「新規参入の壁」「自作モデルを作る意味」みたいな議論が最近Twitterで見られます。

私は、とにかくモデリングが楽しくて、3Dは作ったキャラが動くのが最高だと思うし

今はもう、イラストを描くより達成感を感じます。

現在のVRChatはまだ「クリエイターの楽園」として機能しているので、

このままVRが一般に普及して、そういう成分が希釈される前に、

「3Dでものづくりをしている人・志している人」にはVRChatに来てほしいな、と思います。

成果物をすぐVRに持ってきて、自分で動かして、人に見せられる環境はそうそうないですよ!

モデリングじゃなくても、ワールド制作、パーティクルライブ等、自己表現の方法はたくさんあります。

とにかく「作るのが好きな人」にはおすすめしたい世界です。

今までの1年半、すごく楽しいことがたくさんありましたが、

この先の1年はどうなっていくでしょうね。

期待と不安が両方ありますが、次の1年も楽しくなるといいなと思います。

  • クロイニャン


※この記事はFANBOXの記事のミラーです


こんにちは、黒井です。

2018年から3D制作の楽しさに目覚めて、ここ1年ずっと3Dを作っています。

何の3Dを作っているのか?

自分のVRChatアバター、自分の創作キャラクター、

人様のVRChatアバター、VTuberさんの3Dモデル、このあたりです。

後者2つはお仕事として制作しています。

https://www.k-youhinten.com/

今回は一次創作の3D版、もしくは3Dによる一次創作に「まだ名前がない」ので名前ほしい!

この概念に名前をつけて定義したい!というお話をします。

VRChatでは割とで盛んに行われているのですが

「一次創作の3D化、もしくは3Dによる一次創作」をVRCの外でもやりたいと思っています。

実は、そういった創作行為にまだ名前がないです。

「VTuberと何が違うの?」という疑問がおありかと思いますが、

「キャラクターの作者が神」の状態で「魂の人の存在なく」キャラクターを動かしたいけど、それって多分VTuberじゃないよね。」

という事に気づいたところから始まります。

VTuberはなんというか、

「魂の人」がかなり重要で、そこが複雑でトラブルを抱えやすく…

ゲーム部の件なども記憶に新しいですが、「キャラクターの作者が神」ではないんですよね。

ワンオペで作品作りをしている作家・クリエイターにとっては、「ワンオペで作れる規模感」がとても重要であり、

そこからはみ出すもの=他者とのコミュニケーションのコスト・リスクを払う必要がある=精神に負担がかかる

ということが少なからずあるんですよね、あるんですよ…。

「ワンオペからはみ出す」というのは、「キャラに声優・演者を付ける」「人にキャラクターの動きをやってもらう」「カメラマンを頼む」等です。

クリエイターは多かれ少なかれ人間関係の摩擦で死んでしまうので、一人でできる遊びが必要だと思っていて、

「これはそういう小規模な3D作品ですよ」というところに名前をつけたいです。

なぜ名前をつけるのか?

定義することでそういう創作をする人が増えるだろうという希望です。

それと「VTuberではないけどVTuberという言葉以外に的確な言葉がない」作品ていうのがあって、

「VTuberです」と言うと、「これは声がついてないからVTuberじゃない」

「3Dアニメ作品です」というと、「これはモーションが付いてないから3Dアニメじゃない」みたいな

「隙間に落ち込んでる」ものを的確に内包する言葉が欲しいな、というところです。

名乗るときにも困るので…〇〇をやっています!の〇〇の部分がない…。

なにをしたいか?

ワンオペなんだからできない部分があるのは当たり前で、声付きでない3Dアニメ作品があったとして、

それに「声当ててみました」ってできるのがネットの作品の交流のいいとこで、文化。これができるようになりたい。

ボカロと歌ってみたの関係です。

他にも「BGM作ってみました」とか「モデル配布があったので〇〇くんを動かしてみました」とか、そういう交流みたいなものも期待できます。

それで…「名前ほしい」「勝手に名乗ってろ」だと思うんだけど…ぴったりくる表現がね…ほしいよねっていう気持ちです。

名前はめちゃくちゃ大事だと思っています、作者の祈りなので…。

「ショートVRC劇場」みたいな感じなんだけど、VRCの外に行こうって言ってるのにVRCって入れちゃダメだし、

「〇〇劇場」って今の世代に通じるか?と思ってしまう。

全く思いつかない!新しい概念じゃん!!!という所まで来ました。

もしこれを読んでいる方で「自分もそういう活動したい!」という方、

「こんな名前考えついた!」という方がいらっしゃいましたら、一緒に考えましょう。

名前は1つじゃなくてもいいし、とにかくこの記事が読まれることで

「そういう概念がある」という事が周知されれば嬉しいです。

この概念に名前をつけて下さい。

そしてみんなで創作しましょう。

そんな訳で、うちの3Dによる一次創作はこちらです、イケメンです。

よろしくお願いいたします。

https://www.k-youhinten.com/gatoo-nero