• クロイニャン

VRMで「Look At」(アイトラみたいなやつ)をちゃんと設定してるのに、なぜか目が動かないな…と思っていたんですが、デフォルトの目の動く範囲が10度になっていたのが原因でした。

目が動くように設定する手順を画像でまとめました。



目が動くようになりました!


193回の閲覧0件のコメント
  • クロイニャン

※この記事はFANBOXの記事のミラーです、情報は2019年4月15日当時のものです


VRChat用セットアップにおける頭の痛い問題の一つに「スカートの貫通」があります。

揺れものセットアップとして最もメジャーなダイナミックボーンは

コライダー(当たり判定)が球体しか使用できないため、

球体に対し球体がぶつかる形になり、大抵の場合スカートから足のすり抜けが発生してしまいます。

そこでよく話題に上がるのがもう一つの解決策であるClothですが、

まとまった情報がなく、セットアップが大変だなと感じていました。

そこでまとめ記事を作成することにしました、参考になれば幸いです。

●Clothが爆発、縮む、伸び切る問題について

Blendeでデータを制作している場合、ボーンであるArmatureモディファイアーが設定されていると上記問題が発生します。

ClothにしたいメッシュからArmatureモディファイアーを削除し、Unity上でArmatureの中のHip(スカートの場合)に入れ、Clothコンポーネントを適応します。

参考:http://trike1236.hatenablog.com/entry/2018/05/29/035951

※上記の方法では「ワンピースの下半身だけにClothを使用する」といった使い方はできません。Blender以外ではできるようなのですが、検証できていません。

もしArmatureモディファイアーがないのに、爆発したり縮んだりする場合はBlenderでClothに使用するメッシュの「回転と拡縮の適用」を行ってください。

参考:https://deux-hibi.hatenablog.com/entry/2018/09/10/211539

●Constraints(コンストレイン)

Clothは布のシュミレーションですので、固定しておく箇所がないと、腰部分のゴムがないスカートのように落下します。

コンストレインの●が大きく、編集しにくい場合はアバターのサイズを一時的に大きくします。




まず「腰部分のゴム」のようにウエストの数値をぐるっと0にします。

0数値の部分は固定されて動かなくなります。

スカートの真ん中、前後とも0.5の数値で塗ります。

スカートに骨を入れるようなイメージです。

こうしておくと、スカートが大きく裏返ってしまうことが少なくなります。

●当たり判定

太ももにCapsule Coliderを入れます。

太ももより少し大きくした方が綺麗に動くと思います。


この時「Is Trigger」のチェックボックスを必ずオンにしてください。

これをオンにしないと、VRChatで空高く飛ばされて戻ってこられなくなるという

コライダージャンプが起こります。

ClothコンポーネントのCapsule Coliderの部分に太もものCapsule Coliderを入れてください。


●Clothコンポーネントの数値

数値をレシピとして掲載しておきます。

必ずしもこのレシピで綺麗に動くわけではありません。


Solver Frequencyは 120〜2800くらいの間で試してみてください。

プロパティの詳細は下記の「Cloth コンポーネントのプロパティについて」が参考になりました。

参考:https://blogs.unity3d.com/jp/2015/11/24/unity5clothsimulation/

●確認

再生ボタンを押して、UpperLegのボーンを回転させてみます。

太ももに押されてスカートが可動すれば成功です。

色々な動作をさせて確認してみてください。

以上でClothのセットアップは終了です。

皆様のClothがうまく動くことを祈っております。

参考記事

https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/class-Cloth.html

http://onoty3d.hatenablog.com/entry/2015/10/16/110918

http://trike1236.hatenablog.com/entry/2018/05/29/035951

https://deux-hibi.hatenablog.com/entry/2018/09/10/211539

https://blogs.unity3d.com/jp/2015/11/24/unity5clothsimulation/

157回の閲覧0件のコメント
  • クロイニャン

※この記事はFANBOXの記事のミラーです


数日前、VRChatのアバターハック(アバターの不正コピー)が流行している、というニュースが流れました。

その際、Twitterでこんなアイディアを拝見しました。



※Unitypackage化&再配布については確証がないそうです。


私はこの方法で自衛をしようと思い、

利用規約と契約書をお願いしている政書士事務所さんに原文を、

人力翻訳サービスさんにお願いして英文を制作しました。

(北島さんには許可を頂いております)


VRChat向けに3Dモデルを制作されている皆様にご自由に使って頂きたく思います。

必ず製作者のコピーライトを入れて下さい!

(© 2019 ここに製作者名)

原文

————————————————

【警告】

当3Dモデルの権利者は、利用者が成果物及び本商品に関する3Dモデルデータの不正アップロード又は不正利用行為をすることを禁止します。3Dモデルデータは、運営者、製作者、購入者及び利用を許可された者のみ取得できるものであり、その他の第三者が当該データを取得した場合は、すみやかに削除してください。利用者がこれに反した場合は、1回あたり500,000円の違約金を運営者に支払わなければならないものとします。

————————————————

英語

————————————————

[Warning]

The holder of the rights to this 3D model forbids the unlawful uploading or unlawful use of the 3D model data regarding the deliverable materials and/or this product. Acquisition of the 3D model data is limited to the administrator, manufacturer, purchaser, and other persons or parties who have acquired permission. In the event that any other third parties have acquired said data, they must remove and delete it immediately. If any user violates these conditions, they must compensate the operator with a penalty fee of JPY 500,000 for each instance of violation.

————————————————


なお、当記事に起因または関連する、使用またはその他の扱いによって生じる一切の請求、損害、その他の義務について何らの責任も負いません。

126回の閲覧0件のコメント
logo.png