• クロイニャン

すぐできるUTS2.0.6セットアップ


※この記事はFANBOXのミラーです、情報は2019年2月26日当時のものです。


トゥーンシェーダーの大御所、Unitychan Toon Shaderの新バージョン、2.0.6が公開されました。

新UIに加え、MatCapの強化など素晴らしい機能が盛り込まれています。

VRCユーザーのフレンドさんから「UTS使いたいけどよくわからない…」というお話をお聞きしたので、

初心者向けのまとめを作ることにしました。

UTSには機能別に沢山のシェーダーが同梱されています。

それぞれ違う機能があるのですが、今回はその話は割愛して

とにかく「Toon_DounbleShaderWithFeather」を選びます。

これが基本のシェーダーになります。


テクスチャを入れる部分が3つありますが、とりあえず1番上だけあれば大丈夫です。

(影色用のテクスチャを用意して設定することもできます)


「VRChatReccommenda」の右側のボタンをクリックします。

VRC用のセッティングを自動でやってくれます。

その後は影の設定です。

下図を参考にして下さい。


Shade Fetherについては下図のような違いがあります。

数値が小さいとアニメのようなパキッとした影に、

数値が大きいとイラストのようなふわっとした影になります。


次はアウトラインの設定です。

アウトラインが必要ない場合は線の太さを0にします。


最後にリムライトです。必要ない場合は設定しなくて大丈夫です。

イラストっぽい見た目にしたい場合入れると良いです。


以上でUTSセッティングの完成です!

0回の閲覧