• クロイニャン

mixamoを使ってアバターを動かそう


※この記事はFANBOXの記事のミラーです


unity上でアバターを自由に動かしたり、

好きなポーズを付けて撮影したいと思った事はありませんか?

ありますよね?

今回はmixamoを使用してアニメーションさせ、

さらにそれをベースに好きなポーズに変更し、unity上で撮影していきたいと思います。

①アバターのプロジェクトを複製します(バックアップのため必ず行って下さい)

 アバターのFBXがHumanoidになっていることを確認します

②mixamoにアクセス(https://www.mixamo.com/)して、お好きなアニメーションを探します

(Adobeのアカウントが必要です)

※Boothで配布・販売されているアニメーションを使用することもできます。

左のカラムからアニメーションを選択し、右側のDownloadをクリック



もう一度こちらのDownloadをクリック、FBXがDLできます。

③DLしたFBXをunityのAssetフォルダにD&Dします

 DLしたFBXをHumanoidにします

④DLしたFBXに格納されているAnimationを取り出します。

右側の小さい三角を押すと、格納されたファイルが表示されます。

再生ボタンが付いているのがAnimationファイルです。

これを選択した状態で、Control+Dでコピーします。


⑤Animator Controllerを作ります。

Assetフォルダ以下好きな場所に、右クリックメニューから空の「Animator Controller」を作成します。

好きな名前にしてください。ここでは「New Animator」にしました

⑥アバターのAnimatorに「New Animator」を入れます

アバターを選択し、先程作った「New Animator」を入れます。

⑦「New Animator」を編集する

「New Animator」を選択し、先程のAnimationファイルをD&Dします

(mixamoのデータじゃなくても、HumanoidのAnimation形式ならなんでも大丈夫です)

画像のようになればOKです


⑧再生してみる

再生ボタンを押して、アバターが動けば成功です!

⑨その後

例えば、今回作った「動くアバター」を

VRC用のワールドに配置することができます。

作成に使用したファイル(アバターのファイル・Animation・Animator Controller)を

含めてワールドを作成して下さい。

次回はmixamoのアニメーションをベースに

Very Animationでポーズ付けを行い、unity上でレンダリング画像を撮影します。

39回の閲覧