• クロイニャン

VRChat1年やって人生変わった話


※この記事はFANBOXの記事のミラーです


〜または「売れないソシャゲイラストレーターだった私が3Dモデラーになるまで〜


こんにちは、黒井です。

2018年まで数年、売れないソシャゲイラストレーターをやっていました。

今でもイラストレーターの看板を下ろしたわけではないのですが、

3Dのキャラクターモデリングや、テクスチャ、unityのマテリアル系のセットアップをメインにお仕事しています。

私がVRChatに来て、1年半ほど経ちます。

私がこの1年半、どのような道を歩いてきたのか記しておきたいと思いました。

2017年、少しBlenderの勉強をしていましたが、

とある人とトラブルになり、それがきっかけでBlenderの勉強を辞めました。

当時「Blender全体の操作方法がなんとなくわかった」「人の形が作れてテクスチャも一応あって、Humanoidボーンもなんとか入れられるようになった」

くらいのレベルでした。

当時色々あり、TwitterもSkypeも辞めてしまったので、

数少ないイラストの仕事をしながら、深夜までニコニコ動画や映画を見たり、FGOをやったりと、

ぼんやりした日々を送っていましたが、

ある日突然「のじゃおじショック」がやってきます。


2014〜2015年の時期にお仕事でLive2Dをやっていたので、

ねこますさんの事は存じておりました。

クロイニャンのイラストによく「いいね」をつけてくださっていて…

知り合いがYoutubeでバズっていたので大笑いしてしまいました。

ねこますさんの動画を見ているうちに、VRChatと言うものがある事を知ります。

「へ〜自作の3Dモデルをアップロードできるゲームがあるんだ」と思い、

とりあえずVRChatをインストールして、なんとかログインしてみます。

この時点で、アバターのアップロード方法がわからずunityちゃんの姿でのログインです。

さあ、アバターをアップロードしたいのですが、

人に聞こうにも、そもそも日本人に出会えません。

当時「日本人がよくいるワールドの一覧」などもなく、

Publicをうろうろしては「日本語聞こえてこないかな…」とやっていました。

数日〜1週間くらいそうやって過ごしました。

ある日、白い花が咲く某有名ワールド(社会性フィルター)(多分ここだったと思う)

に行くと、日本語が聞こえてくるではありませんか!!

震える声で「あの…日本人の方ですか…!?」と搾り出しました。

この時出会ったのが現在の「Mirror's Night Bar」のマスター、kagamiiiiinさんです。

(当時はまだMirror's Night BarやRuinsがなかったのです)


【フレンド紹介】kagamiiiiinさん https://twitter.com/kagamiiiiin89

初心者であること、自作3Dモデルがあるがアップロード出来ないこと、メインはMacである事などを相談すると、

「Winのunityからじゃないとアップできないんだよ〜」と的確なアドバイスがあり、

次の日には自作アバターをアップすることができました。

※私の当時の姿(当時のSSは残っていなかったので再現SSです)

さて、日本人であるkagamiiiiinさんと出会えたことで、一気にコミュニティーが開けていきます。

kagamiiiiinさんが居る時に彼にjoinすれば、他の日本人ユーザーに会えるようになったのです。

私は日々仕事のイラストを描いては、空き時間でモデリングをし、VRChatに遊びに行くようになります。

自分のアバターを直したり、新しい衣装を制作したり、unityのわからないことを勉強したり…

VRChatで遊ぶことがモデリングの直接的なモチベーションになりました。

(ここから多分結構時間が飛びます。あと話が前後すると思います、記憶を頼りに書いているので…)

ある日パブリックの「桜広場」に遊びに行きます。(今はもうないワールドです)

日本語が聞こえてきたので、そこに吸い寄せられて行くと、

青を貴重とした美少女の頭の上にUFOを付けたアバターの人がいました。

しばらく色々な話題で談笑したのですが、私がイラストレーターであるという事を言うと

「俺は音楽やってるんだ〜」と帰ってきました。

この人が「八月二雪」のジョンさんです。

【フレンド紹介】ジョンさん https://twitter.com/john_neoneet

八月二雪 https://www.youtube.com/channel/UCHV-tYWznbEMFWoT0_oKmLQ


ユニットで音楽をやっているということ、

VRで音楽やライブをやりたいと思っていること、色々な話を聞きました。

「すげ〜VRではいろんな事ができるんだな〜音楽っていいな〜!!」と思いました。

(音楽の才能ゼロなので本当にすごく感動しました)

ある日、パブリックのダンスワールド(社会性フィルター)に行くと、

日本人の方が数人遊んでいました。

フレンドリーに挨拶してくださって、すぐに輪に入れてくれました。

自作アバターだという事を話すと

「すごい人来た!」と盛り上げてくれました。

この時出会ったのが なみたさん・Luimodoさん・ぽんこつさん です。


【フレンド紹介】なみたさん https://twitter.com/namita0819


【フレンド紹介】Luimodoさん https://twitter.com/luimodo


【フレンド紹介】ぽんこつさん https://twitter.com/subbrain


当日その流れでかどうだったか記憶が定かではないのですが…

なみたさんが面白いものを作っていると言うことで、それを見せて頂くことになりました。

パーティクルライブです。


(なみたさんが制作した八月二雪のパーティクルライブのMVです)

私は大層感動して「パーティクルライブサイコー!!!」となったのですが、

まだまだunityの修練が足りず、積極的に自分でつくろうとは思いませんでした…。

3Dモデリング楽しいし、時間あるならモデリングしたいなぁとも思いました。

時系列的にはこのあたりだったと思うのですが、

ジョンさんから「キキさんの専用モデルが欲しい」というご依頼が来ます。

人生で初めて3Dモデリングを依頼された瞬間でした。

それはもう張り切って作りました。

制作が早すぎて「納品早すぎない!?」と反応されたのを覚えています。


【オーダーメイド】キキさん https://twitter.com/q_kiki_82


ジョンさんのご依頼を受けたことで、交友関係のある人から「受注やってるの?」

という問い合わせがあり、「作らせてくれるんなら作りたい!!」

と、オーダーメイドの受注を開始しました。


【オーダーメイド】Vtuber 隣ノ隣さん https://www.youtube.com/channel/UCu8J4vmuWcYUZ_-fz-RMtUA


【オーダーメイド】Vtuber 黒瀬サバトくん https://www.youtube.com/channel/UCxU9F9sZJdzectps34GuSyA


【オーダーメイド】VRChatユーザー 水沫さん(最近DJ活動にハマっている)

https://twitter.com/minawa123


【オーダーメイド】VRChatユーザー Balionさん(パーティクルライブ海外勢)

https://twitter.com/VRC_Balion


【オーダーメイド】VRChatユーザー 宮野原宮乃さん(お母様と呼んでくれる、かわいい)https://www.youtube.com/channel/UCZfaqtZ7WTpmiPfRO-qIOIA

販売アバター 巡璃めぐる 

※めぐるユーザー代表のあらたか先生(パーティクルライブ勢) https://twitter.com/aratakajirou

また、Vマケ1・2にも出店しました。

オーダーメイド楽しいし、今後本格的にやっていけたらいいな〜と思い、

Webサイトを制作することにしました。

https://www.k-youhinten.com/

ここまでは身内のモデルを作っていたので、お互いにある程度信頼があったので大丈夫でしたが(一応契約はしてもらってました)

外部からの受注を受けるに当たり、ちゃんとした契約書を用意する必要がありました。

ネットの司法書士さんのサービスを利用して、法的効力のある契約書を作っていただきました。

「契約は大事!」「時間と技術だけ使ってお金もらえないって事もあるから」

体験談を交えながら契約の大切さ・怖さを教えてくれたのは、くまったさん(つよつよエンジニア)でした。


【フレンド紹介】くまったさん https://twitter.com/himakuma_1009


VRChatユーザーのNMちゃん(https://twitter.com/nmch1222)主催の「ワンオフモデル交流会」に出演しました。

https://youtu.be/SPBLLDcfdm0

反響があったようで、Webサイト経由で「自分のVRChat用モデルを制作してほしい」

というご依頼がありました。


【オーダーメイド】VRChatユーザー える様 


【オーダーメイド】VRChatユーザー 結城ことは様

Twitterでよくお話していたイケメンお兄ちゃん(お姉さん)のカツサダさんと色々議論が熱くなり、

「黒井さんもイケメン作ろうぜ!!!!」ということになり、

私も「やるか!!!」となったので、趣味のイケメンモデリングを再開しました。


【フレンド紹介】お兄ちゃん(カツサダさん) https://www.youtube.com/channel/UCKJWNNLMhWQb-ugHNDZ6rVg


そして、長年続けてきた創作のキャラクターを本気で作りました。(7年選手)


【自主制作】メビウス https://www.k-youhinten.com/gatoo-nero

さて、このあたりから企業様からのお問い合わせが数件あり、

制作させていただいたのが「双葉汐音」ちゃんです。


【オーダーメイド】Vtuber 双葉汐音ちゃん https://www.youtube.com/channel/UCuqcPmdBvwHEWGx00XYCFWg

色々あり、またイケメンについてのテンションが上ったので、もう一体趣味のモデリングをやりました(ネタ自体はあった)


【自主制作】肉屋 https://www.k-youhinten.com/gatoo-nero


やっと現在に追いつきました!

この記事を書くきっかけは、リーチャ隊長に

「めずらしいですね…俺の回りにはそういう風にVRC遊んでる人あんまいないかも」

と言われた事です。


【フレンド紹介】リーチャ隊長 https://twitter.com/rietzscha

私の1年半、主にモデリングを主軸に置いてお話しました。

私のVRChat人生において、重要だった人達(取りこぼしがないことを祈る)と、

制作させていただいたモデル達です。

他にも、ワールド制作(unity)やパーティクルライブのはしご、

色んな人と出会ったり別れたりがあったのですが、全てを書くのは非常に難しいです…。

私は嫌なことが起きるとすぐ自閉する癖があり、ここ数年もそうやって殻にこもって

壁に向かって独り言と創作をぶつける日々を送っていました。

VRChatをはじめて、友達がたくさんできました。

毎日のように遊んでくれる友人たちには頭が上がりません。

あなた達が居るから私は3Dモデリングを嫌いにならずに済んだし、毎日楽しいです。

とある人に「人に恵まれすぎ」と言われたりもしまして、

今度はこの幸せを失うかもしれない恐怖と戦っていくわけですが…。(根暗)

私は未だに楽しくVRChatで日々を過ごしていますが、

「新規参入の壁」「自作モデルを作る意味」みたいな議論が最近Twitterで見られます。

私は、とにかくモデリングが楽しくて、3Dは作ったキャラが動くのが最高だと思うし

今はもう、イラストを描くより達成感を感じます。

現在のVRChatはまだ「クリエイターの楽園」として機能しているので、

このままVRが一般に普及して、そういう成分が希釈される前に、

「3Dでものづくりをしている人・志している人」にはVRChatに来てほしいな、と思います。

成果物をすぐVRに持ってきて、自分で動かして、人に見せられる環境はそうそうないですよ!

モデリングじゃなくても、ワールド制作、パーティクルライブ等、自己表現の方法はたくさんあります。

とにかく「作るのが好きな人」にはおすすめしたい世界です。

今までの1年半、すごく楽しいことがたくさんありましたが、

この先の1年はどうなっていくでしょうね。

期待と不安が両方ありますが、次の1年も楽しくなるといいなと思います。

151回の閲覧